二重整形を行うメリット・デメリットを徹底調査

二重整形を行うメリット・デメリットを徹底調査


二重整形は、今や最も身近に感じる施術のひとつですが、決して良いことばかりではなくデメリットも存在します。
施術の種類によっても異なるとは思いますが、これから二重整形を考えている方は、まず以下のようなメリット・デメリットがあるという事は頭に入れておいた方がいいでしょう。

 

では早速、二重整形を行うメリットから探っていきたいと思います。

 

二重整形を行うメリットについて

 

短期間で二重にする事ができる

施術方法により多少差はありますが、二重整形は基本的に短い施術時間で二重にする事ができるという特徴があります。
埋没法で例えるなら、およそ15分〜30分程度といったところでしょうか。
ずっと抱えてきた目元の悩みを、1時間もしない内に解決する事ができるのです。

 

もちろん、まぶたに糸を入れたりメスを入れたり、その覚悟は相当なものになるとは思いますが、一度勇気を出せばあっという間に理想の二重を手に入れる事ができるという点は、二重整形最大のメリットと言っても過言ではないでしょう。

 

通常の整形よりも費用が安い

二重整形の中にはさまざまな種類の施術方法がありますが、埋没法なら通常よりもはるかに安い価格で施術を受ける事ができます。
もちろんクリニックによって、多少価格に変動はありますが施術だけなら安くて1万円以下で受ける事ができるところもあるんですよ。
ただ、あまりにも安すぎると医師の技術やスタッフの質など問題がある事もあるので、訪れるクリニックは慎重に選んでいく必要があります。
また、別途にオプション料金などが発生する事もありますが、それでも他の整形と比較して安価で受けれるというのは、二重整形のメリットのひとつと言えるでしょう。

 

残る傷や痛みが少なく済む

埋没法に限った話になりますが、メスを使わない施術法なので目立った傷や痛みが残る心配もなく施術を受ける事ができます。
それでも痛みに不安があるという方は笑気麻酔もしてくれるので、より痛みも気にならないまま終える事ができます。
何の問題もない箇所に少なからず傷をつける訳ですから、痛みや残る傷に不安を抱えるのは当然の事だと思います。
こうした点を他の整形よりも気にしなくて済むというのは、二重整形の嬉しいポイントと言えるのではないでしょうか。

 

 

では次に、二重整形を行う上で考えられるデメリットについて見ていきましょう。

 

二重整形を行うデメリットについて

 

二重が取れてしまう事がある

これも埋没法に限った場合のデメリットになるのですが、糸を入れて固定する事で二重を形成しているので、どうしても時間と共に二重が取れてしまう可能性が考えられるのです。
特に二重が取れやすい方の特徴は3つ。

  • よく目をこする
  • 膨らみのあるまぶたをしている
  • 施術前から目が開きにくい

主にこれらに当てはまる方は、二重から元に戻ってしまう可能性が高いと言えます。
しかし一般的なクリニックでは、こうしたトラブルに対応できるような無料サービスを行っています。
もちろん期間内に二重が取れた場合に限りますが、クリニックを選ぶ際はこうしたアフターサービスが充実しているところを基準に選ぶといいでしょう。

 

腫れが残る

これはどの施術においても言える事ですが、二重整形でも最低2〜3日は大きな腫れが残る事になります。
この場合メイクなどで上手く誤魔化すスタイルもありますが、施術方法によっては1週間はメイクを控えるよう注意喚起をしている場合もあるので、クリニック側によく確認しておいたほうがいいでしょう。
埋没法の場合は比較的腫れが少なく済む施術と言われていますが、やはり余裕を持って2〜4日は休みを入れた方が得策と言えます。

 

また、元々一重だった方が二重になるので、職場を変えない限り周囲に二重整形したという事実がバレるリスクは非常に高くなります。
これを悪くとるかはその方自身にもよりますが、断固バレずに二重整形を行いたいという方にとっては、最大のデメリットと言えるでしょう。

 

このように、二重整形には良い点もあれば悪い点も多々あります。
中には二重整形した事で人間関係にヒビが入った、というケースもあるとか。
まだまだプチ整形が広がっている世の中とは言えないので中々世知辛いとは思いますが、上記を理解した上でそれでも二重整形をしたいという方はぜひお近くのクリニックに相談に訪れてみる事をおすすめ致します。

 

札幌でおすすめのクリニックや二重整形についての各種詳細について興味のある方はトップページをご覧ください。